税理士ブログ

【節税】 景品費と広告宣伝費を交際費以外で処理

今回は、交際費に関する節税テクニックです。

会社が支出した経費が、交際費に該当してしまうと、
その支出額の一部又は全部が経費として認められません。

いいかえれば、隣り合わせの費目とし、交際費としないように処理できれば、
節税につながりますよね。

今回は、その中でも、特に物品を取引先に渡した場合に着目して、
景品費や広告宣伝費として処理できないかを取り上げます。

まず、得意先に販売促進を目的とした物品を渡す場合、
購入単価がおおむね3,000円以下であれば、
交際費に該当しないことになっています。

得意先の従業員に対する取引の謝礼は、現金で渡せば、交際費になりますが、
物品ですと、基準を満たしている場合は交際費として処理しなくていいんです。

今回は、この景品費3,000円という基準をしっかり押さえてください!

ただし、3,000円以下であっても、土産品として持参する場合や、
商品券、旅行券、観劇券を手渡す場合には、
交際費に該当しますので注意してくださいね。

まとめると、一般的に許されているものを列挙すると、
ビール券、図書券、ゴルフボールです。

また、一般消費者に対して物品を贈る場合や、
得意先に対する見本品や試供品は、
広告宣伝効果が見込まれるのであれば、
交際費には該当せず、広告宣伝費として処理することができます。

つまり、上記のすべての内容に関して、実務上、注意すべき点は、
贈答等の意図により処理が異なりますから、
どのような目的で、誰に対して、
いくらの物品を渡すかによって処理が異なってきます。

この点をうまく使い分けて、上手に節税しましょう。

最新記事